アクティブなオタキュー

アクティブなおたくが好き勝手書いてます

MENU

アニメ見ていると気持ち悪いと言われる風潮をどうにかしたい

f:id:anime9:20170813120543j:plain

 

こんちわ!anime9です。

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

アニメ?きめーよ!と言われるそこのあなた!

 

そこらへんのモブ達は、とりあえずアニメ=犯罪に結びつけて考える節があり、実際マスコミなんかも『容疑者の趣味はアニメでした』とか、てめえこのやろー!言いがかりはやめろー!って思うわけですよ。

 

たまたまだろうがよ、犯罪起こすのはそいつの人間性が問題であって、アニメが悪いわけでは決してない!と言いたい。

 

で、今回はそんな話をしようと思う。

 

みんな最初は普通の人だった

これな!

 

確かにきめーと言う人の言い分もわかる。実際オドオドしたり、シドロモドロだったりしてなんだよお前何言ってるかわかんねーよ!って思ったことあるもん。

 

オタクきもいwって。

 

僕は元々一般寄りの人で、それよりどっちかと言うと不良グループに属していたときもあった。

 

若い頃なんかは、暴走族なんかの全盛期で、おれも族になりてー!なんて友達と夜通し話してたときもあった。

 

そんな僕は、イジメたりイジメられたり、両方の気持ちがわかる。

 

よくパシリにされたり、ボコボコにされたりというのもあった。

 

血気盛んだったから、そういったグループに属していればある程度ヒエラルキー的に安泰かなと子供ながら卑怯なことを考えていた。

 

でもちょっとずつ大人になってきて、なんでこんなことしてたんだろ?バカだろ。

なんて思ってきたので、徐々にそのグループとは疎遠になった。

 

時間があいたので、ゲームだけは昔からやってたからモンハンとかにハマったりした。

 

モンハンってネット環境がないともっと強いモンスターと戦えなかったから、生まれて初めてネット回線を引いた。ADSLだったか?

 

それでずっとほぼ毎日廃人のようにモンハンやってたんだけど、あるときニコニコ動画っていうサイトが有名になり始めた。

 

友達が面白いっていうから、見て見たけどなんだよキモオタサイトかよ!ふざけんな!とか言ってあんま見なかった。

 

でも、なんだったか忘れたけど、まだアニメ動画の無法地帯だったニコニコでアニメを見たんだな。

 

そしたら、コメント付きアニメを見る!っていうのがマジで楽しかったんだ。

 

おれは一人で見ているわけじゃないって。

 

おいwとか、くるぞ…くるぞ…とか、なんかよくわからない煽りとかもあってすげえ楽しかった。

 

なるほど、これがニコニコ動画か!と震えたね。

 

アニメに本格的にハマり出したのはそのくらいのときで、もうキモオタがどーのとか言えなくなった。だって自分がそうなっちゃったからね!w

 

そこからのアニメ

そっから結構長い間ニコニコ動画でアニメが見れた。

 

特にkey系のアニメは何回も見た。

 

なんだアニメなのにこの感動系ストーリーは!?

 

特にAIR

国歌?はあ?なにそれ?みたいな。

見終わったら、ああなるほど!と納得したけど。

 

CLANNADは、ちょうどニコニコでアニメが規制されはじめた頃だったので、あまり楽しめなかったのは残念。ちょっとは見れたけど。その後はテレビでちゃんと見たよ!

 

おれは、まだまだ知らない面白いことがたくさんあるんだ!と興奮した。

 

そして原作に手を出し始めて、とうとうエロゲをやり始める。

 

そん中で、また人生感を変えるほどのインパクトを与えるゲームをやることとなった。

 

うたわれるもの

マブラブ

CLANNAD

Fate

などなど…

 

今じゃアニメ界隈じゃ当たり前に知っているかもしれないが、当時の衝撃は忘れられない。

 

そして、efというゲームとの出会い。

 

これゲームも良かったんだけど、アニメ化もされて、それがもうアニメの常識を鉄バットでおもっきしぶっ壊された感覚を味わった。

 

アニメの表現力の可能性に震えた。

これを見て、『アニメは気持ち悪い作品ではない』と確信できた作品だった。

 

確かにキャラはエロゲキャラなので、それだけは合わないかもしれんが、一種のエンターテイメントとして見れば、アニメは日本が誇る最高峰の芸術作品だと思った。

 

だから僕は、アニメをけなすことをやめた。

 

そして、アニメ作品を評価する場合は総合的に判断するようにしている。

 

結局アニメの構成要素を考えると3種類しかない。

①作画

②シナリオ

③音楽

 

これらが複雑に絡み合い、お互いに相乗効果を得て爆発すると、非常に完成度が高いアニメが出来上がる。

 

だから、音楽に力をいれていないとか、

シナリオ手抜いてるとか、

作画崩壊しているとか。

 

どれか一つでもかけたら大ヒット作にはなり得ない。

 

ちょっと前では、魔法少女まどか☆マギカとか、けいおんとか、ラブライブ!ガールズ&パンツァーとか。

 

音楽力入れてるよね?

シナリオ、まあけいおんは日常系なのでちょっと違うが、おもしろい。

作画ブレなし。

 

最近で言えば『君の名は』ってあるけど、あれ監督efのエロゲ動画作ってたからね。

 

そのうち絶対音楽とシナリオがドンピシャにハマれば、世界狙えるだろって思ってたし。まさかこんなに早くブレイクするとは思わなかったけどもw

 

まあそんな感じで

収集がつかない感じになってきたが、とにかくアニメに偏見持つのやめようよ!

 

なんで日本人って自分達の能力を過小評価するのかと問いたい。

 

まあ、だからサラリーマン大国なんだけど。

 

知ってる人は知ってるよ、ほんとは凄い日本アニメの世界。

 

外人はそれに気づいて、恥ずかしい気持ちなん微塵も感じないくらい、隠さずにアニメ好きだー!って、遠いところからわざわざ秋葉原とか行くんすよ。

 

ヤバくね!?

 

自分達も行ったことない外国の人が、知らないうちに0からなんかのアニメのファンになって、聖地巡礼とかいって高いお金かけて日本きちゃうんだよ。

 

逆に日本人からみて、そこまでして確認したいコンテンツが日本以外であると思うか?あっても遺跡とかくらいやろ。

 

このやばさを理解して欲しいと思いながら、今回は終了とさせていただく。

 

おわりっ