アクティブなオタキュー

アクティブなおたくが好き勝手書いてます

MENU

アニメが趣味でもきもいと言われない生き方

f:id:anime9:20170813121300j:plain

 

こんにちは、オタキューです!

 

今回もアニメの楽しさを伝えるためにブログを書きますね!

 

あなたも、アニメ趣味を持っているだけできもい!とよくいわれるかもしれませんが、趣味がない人に比べたらよっぽどいいと思います。

 

何を楽しみに生きているの?っていう人はいっぱいいますからね。

 

で、とりあえずきもいと言われる理由についてですが、これはアニメを見る人は気持ち悪いという先入観を日本のみんなが持っていることによる、村社会の集団心理のようなものです。

 

きもいオタクは俗にいうキモオタという扱いになります。

 

キモオタまじうぜえ、死ねよみたいなことはしょっちゅうあったりするかもしれないし、これ買ってこいよキモオタぁみたいなのもあるかもしれない。

 

そんなこと言われる筋合いはないのですが、まあとりあえずアニメオタクはきもいということが、マスコミを通じ様々なところから日本全国が洗脳されてつつ言われていると。

 

テレビとか新聞とかそういったものの宣伝効果は凄まじく、この洗脳を解除するのは難しいのです。

 

そこで、僕は全国単位でアニメはいいものだと知らせることが重要なんじゃないかと考えて、ブログ作成を開始しました。愚痴を言ってもなにも解決しないので。

 

やっぱり、ただ声を出しているだけでは誰の耳にも届きはしないですし。

 

前置きはこれくらいにして、今回はアニメオタクの生き方についてお話していこうと思います。

 

きもいと言われない方法

アニメ見てるの?きもい!と言われないためには、アニメを見るなということではなく、アニメを見ていそうな雰囲気というのを極力出さないようにすればいいです。

 

例えば見た目に気を遣ったりだとか、話し方に気をつけるとか、オタク言葉を少なくしあたかも一般人のように振る舞うこと。

 

そこまでして取り繕う必要があるの?と思う人は別にそこまでしなくてもいいですけど、誰かと仲良くなりたいとか、彼女が欲しいとかいった場合は必要になると思います。

 

人の印象は、会って数秒で決まってしまうと言いますから、まずは第一印象を良くすることから始めてみましょう。

 

例えば清潔感あるスタイルにするとか、ヒゲはちゃんと剃るとか、髪型を変えるとかそういった努力が必要です。見た目だけでコミュニケーションの前段階である印象の良さは80%は決まるといいます。

 

ブサイクだろうが関係ありません、いかにそれらの先天的ものをケアしているかどうかが他人に見られています。

 

そんな感じで、ケアとかしてとりあえず印象が良いと思われれば、第一関門突破です。

 

次は自分に自信つけることですね。

 

確かにオタクだと自分に自信がないような人が多いです。

 

印象が良く自信がある振る舞いをしていれば、魅力的な人に見えるので何か人に誇れるような知識とか経験とかを身につけ、自信を手に入れましょう!

 

というか、オタク知識は知らない人にとっては凄い場合が多いですから、オタクなだけで充分凄いんじゃないかと僕は思うんですけどね、ポジティブ過ぎるのかもしれませんが。

 

孤独を感じないためには

昔よりオタクが一般的になったと言っても、まだまだ孤独を感じることが多いです。

 

孤独を感じてしまうからこそ、擦れてしまい性格が曲がってしまうのかもしれません。

 

なので、オタクの友人を作ることですね。

 

僕は昔はオタクとは無縁の世界で生きていたので、オタクの友人なんて皆無でしたからかなり孤独を感じていました。

 

コミケやライブなどのイベントも1人でずっと行ってました。

 

凄く誰かと話したいのに、話す相手はいませんでしたので、似たような考えをもったブログなどを見ながら孤独を紛らわしていました。

 

その後しばらくして、友達になってくれた人がオタク初心者だったので、だんだんと一緒にいるうちに本格的なオタクへと変わり、コミケや声優ライブなどの各種オタクイベントまで参加するようになりました。

 

凄い楽しかったですね!

 

今まで複数人で行ったことはなかったので、イベントは何倍も面白くて、他のこういう経験のないオタクの方々にも体験してほしいなあと思います。 

 

集団で騒ぐオタクにならない

1人ではビビリなオタクでも、複数いると調子に乗ってしまうようです。

 

それで他の方に迷惑をかけたりしてしまうと、ああなんだ、オタクってきもいだけじゃなくて迷惑なやつらなんだなって思われてしまいます。

 

それではそこら辺の渋谷池袋などにいるDQNとかと一緒なので、普通にマナーよく過ごすことが大事ですね!

 

声優ライブとかね、結構うるさいというか、迷惑なファンがいるのでこいつ調子乗りやがって!イラっ!みたいなのありますから。

 

マナーを守って適度に騒いで楽しみましょう!

 

まとめる

要するに見た目を整えればオタクだったとしても受け入れられる可能性があるということです。

 

見るからにオタク!みたいなのは、やっぱりオタクだよねあの人、なんかヤダな…って思われても仕方ないですよね。

 

一般人でそれなりに整った格好をしていて、話も面白いし自信ある感じだったら、アニメ見るんだ!っなってもきっと驚かれはするでしょうけど、怪訝な顏はされないのではないでしょうか。

 

後は仲間を増やす、というより友達ですね!

 

話せる友達が増えればかなりオタクライフが変わりますよ。

映画もライブもイベントも1人で行っても全然楽しくないし!

 

結局、オタクだからってことじゃなくて、あなた自身の過ごし方によって、他の人に評価されてしまうということを胸に秘めつつ日々行動することが大事 なんじゃないかって思いますね!

 

そんな感じでした!

 

おわり