アクティブなオタキュー

主にアニメを中心としたアクティブな雑記

MENU

【ブログ運営】初心者でも月間1000PVを達成するブログ運営の全手法

f:id:anime9:20171127150100p:plain

 

こんにちは、オタキューです。

 

今回は月間1000PV程度の弱小ブログの運営者が、そこに至るまでに実行した数々の手法を惜しみなくご紹介していきたいと思います。

 

なので、アルファブロガーの方々には役に立たない可能性が高いですが、超が付くほどの初心者の方には役に立つ知識を提供できるのではないかと考えております。

 

さっそくですが、僕のブログの状況をご紹介します。

 

f:id:anime9:20171127114429p:plain

僕はグーグルアナリティクスを使って、検索流入量などを測定しています。

https://analytics.google.com

 

これは、ブログをやっている以上導入は必須なツールだと思います。もし入れていなければすぐにでも導入してください。無料です。

 

大雑把に言えば、このツールを使えば自分のブログにどれくらいの人が来て、滞在時間、見るページ数、新規かリピーターかなどが瞬時にわかるようになっています。

 

で、大体7月くらいから運営を始めて、このくらいの流入量があります。

まあはっきり言ってカスみたいな感じですがw

 

それでは、月間1000PVは達成できるであろう全手法をお話していきます。

 

 

ブログの大事な6つの構成要素

ブログを上手く運営し成功するには、結局のところ見る人のためになる記事を作成する』ということに尽きます。

 

独りよがりな記事は避けられるしむかついてしまう人もいますので、いかに読者目線で記事が書けるか?を常に自問自答する必要があります。

 

それでは、ブログ運営で大事な要素を一つずつお話していきたいと思います。

 

ブログコンセプトの考え方

ブログを作ろう!と思ったら、どんなブログにするか考える必要があります。

それがコンセプトとなりブログの軸になります。

そして、失敗するか成功するかもこの段階で決まります。

 

僕は初心者には雑記ブログをおすすめしています。

 

例えば、僕のブログのコンセプトは雑に言えばアニメ情報ブログでした。

運営しているうちに、アニメ一本では厳しいと感じ雑記ブログに切り替えました。

 

極端にアクセスがこなかったからです。

もっとストレートに言えば見る人がいない。

見る人がいなければ当然アクセスはない。

 

これはビジネスモデル選定を失敗したと思いました。

 

起業とかでもそうですけど、コンセプトとはそれだけ大事です。それこそ、失敗すれば事業の全部を変更せざるおえないような状況になる可能性もあります。

 

なので特定の特化ブログを運営するのであれば、かなりのリサーチをして徹底的に分析、市場調査を行った後運営を開始するべきです。

 

ブログを書く目的が不労収入を得ることであればなおさら…です。

 

僕はこのブログは趣味と実益もかねて運営しています。将来的には特定の特化ブログも運営したいので、まずはとりあえずやってみるかという感じです。

 

いきなり成功は厳しいんです。練習がある程度必要ということです。

幸い、今のネットには無料でブログが書けるサービスが溢れていますので経済的負担もなく始められます。

 

初心者であれば、雑記ブログであれば内容は気にせず好きなことが書けます。

そうすると、書くハードルが下がるので一日1記事は特に苦もなく書き続けられると思いますよ。

 

ターゲット設定

コンセプトが決まったらターゲットを選定します。

これはよく言われる『ペルソナ(仮想読者)を想像する』ということが必要となってきます。

 

例えば、育児ブログを作りたいとなった場合、ターゲットは誰でしょうか?

まず間違いなく子供がいる親でしょう。

 

ここから掘り下げていき、年齢、収入、家族構成、仕事、趣味などなどをどんどん考えていき、具体的な行動まで落とし込む必要があります。

 

要は、『こういう気持ちで生きていて、このサイトにたどり着いた』という情報を仮想するのです。

 

そうすると、その人の見えない潜在的な悩みが見えてきます。

 

高い保育料を払って、習い事をしてお金がない。どうにか収入を増やせないか。転職か副業か、思い切って起業をするか。どうしよう。

 

などと考えている人に対して、効果的な記事を提供するのです。

 

『今より月給を5万だけでも上げるための副業10選!』みたいな記事を書けば、おそらく見るのではないでしょうか。

 

そんな感じで、読者のことを考えた記事を書くにはペルソナを意識すると上手くいくと思います。

 

検索頻度の確認

ネット上にサイトを置く以上、避けては通れないのが検索エンジンで検索されることです。

 

検索されなければ読まれません。

 

ですので、これはある意味一番重要なのかもしれません。

 

これは簡単ですが、キーワードプランナーというグーグルのツールを使うことで把握することができます。

※グーグルアドワーズ内のツールとして使用できます。

https://adwords.google.com

 

f:id:anime9:20171127124252p:plain

 

今回のこの記事はブログ運営というのがキーワードですので、それを調べると月間平均検索数は720となっています。

 

この数値は数ある同じようなタイトルの記事全てをあわせた検索回数なので、おそらくこのブログは多くても70回くらいしか見られないと思います。

 

そして、検索回数が少なければ少ないほどネットで見られない記事となります。

 

僕はこれに気が付くまで3ヶ月かかりました。

是非ブログを運営する際は確認してみてください。

 

検索キーワードの入れ方

検索されるキーワードを入れるコツは『文章の左側に入れる』ことです。

どういうことか説明しましょう。

 

グーグルの検索エンジンの性質上、先に来ているワードが優先される傾向があります。

 

例えば『アニメ おすすめ』より『おすすめ アニメ』の方が検索回数が少ないといったことがおきます。

 

これは、タイトルで説明すると『管理人がおすすめするアニメ10選』より『アニメ好きの管理人がおすすめする作品10選』の方が検索回数が多くなります。

 

なので、上述したキーワードプランナーで検索回数を比べて、より多いキーワードを使ってタイトルを考えるとよく検索されブログへの流入も期待できるということです。

 

逆に検索回数が少ないタイトルをあえて選ぶことにより、ライバルが少なくなるので検索結果1位になりやすくなるなどといった効果が期待されますが、根本的な検索回数が違うとあまり意味がありません。

 

例えば100万回検索されているワードと、1000回しか検索されてないワードがあったとして、1000回の方で1位をとってもPVは1000回にしかならないが、100万回の方だったら仮に10位だったとしても1万回くらいは検索されるでしょう。

 

と考えれば、検索回数が多いキーワードを取り扱ったほうがいいというのがわかります。

 

記事の構成を論理的に考える

記事の構成は事前に考えた方がうまくいきやすいです。読みやすさ、書きやすさが全然違います。

 

文章の書き方といえば、千差万別様々なやり方がありますが僕は『要素を先に並べるライティング』を提唱しています。記事のアウトラインを先に決めるともいいます。

 

まず読まれる文章で完読される文章とは、最初から最後までそのまま読み続けられる文章であるということです。これを達成するには常に読みやすく、ストレスがない文章が必要で、中でも結論を先に書くということが重要となります。

 

なので、大まかな構成は以下のようになります。

 

タイトル

書き出し

目次(必要であれば)

見出し1

文章1

見出し2

文章2

まとめ

 

で、書き出しの時点で結論を書くことです。

こんにちは!結論はこうです!なぜなら…といった構成です。

 

検索してわざわざ記事を見に来た人はどうしたいか考えてみて下さい。

一刻も早くわからないことをどうにかしたいのです。

 

書き出しの部分に知りたい情報が載っていなければ、瞬時に離脱されてしまいますよね。

 

だから基本は結論⇒理由、根拠⇒解決策といったような順番で書いていくのがセオリーです。

 

そうすれば例え文章力が足りなくても、ある程度は読み進んでもらえます。

 

文章力はそんなに必要ない

最終的にこれがブログ全体の力を左右するのですが、ぶっちゃけ後回しでもいいです。

 

文章力は書いていればつきます。

 

僕のおすすめは、人気のあるブログを写経することです。

 

これは、成功している人の思考を真似るということです。書き方のクセを真似るのです。文章完コピは違法ですが、クセなどは問題ないです。人は考えたことをそのまま文章に書く訓練を基本的にしていないので、それをすればいいだけです。

 

後は自分の考えたことを、ブログを書くのが上手い人のクセで書いていけばいいのです。

 

ちなみに僕は20万字以上写経してきましたw

 

で、力が付いてきたな…と思ったらリライト(記事を書き直す)をします。

 

100記事程度記事が出来てれば、リライトもそんなに苦労しないですし文章力があればおかしいところがすぐ見つかります。

 

とりあえず、上手い下手を考えず書きなぐりましょう!

 

ブログ運営で役に立つ本を紹介

上記で書いてきたことを取り入れれば月間1000PVは余裕で越えられると思いますが、せっかくなのでさらに力をつけたい!成功したい!というあなたに僕のおすすめする本を紹介します。

 

www.cpi.ad.jp

 

ブログ運営の基礎がタダで学べます。いかに分析が大事かわかるかと思います。

 

書籍でも売っていますがまずは無料で力をつけるのであればこちらがおすすめです。

沈黙のWebマーケティングというのも読めますのでそちらも合わせて読んでおくといいです。

 

 

実際にサイト運営で工事受注し年商1億くらい稼いでいる人が書いた本です。

500円という値段ながらブログで成功する基本的な考え方が網羅されています。

安いので是非読んでみてください。

 

この本はブログ運営の方法より何人もの現役ブログ運営者のインタビューが見所です。

成功するには成功者を真似るところから始める必要があるので、他のブロガーはどういった考えで運営しているのか?ということを考えるにはうってつけの本です。

 

日本語がちゃんとしているだとか、文法がきちんとしているとか、うまい言い回しだとかそういうのは必要ない、本当に必要なのは読者に価値を提供することだと教えてくれた良書です。

 

 

完食されるラーメンを作れ!といういかに完読させられるかに重きを置いた本。

 

最後まで読まれなきゃ価値は正しく提供されないので、これは非常に理にかなっていると思います。

要素ライティングの話もここから学びました。

 

 

知る人ぞ知る炎上系ブロガーイケダハヤトさんの書籍です。


この本で得られるのは、人の顔色を伺って記事を書くな!ということでしょうか。
体裁を気にして書いている文章はその人独自の味が出ておらずつまらんから、さらけだせばいいじゃない?というお話。

 

要はブログはおもしろさが重要だということですね。wikiのような記事を書かないように気をつけようと思いましたw

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

結局ブログ運営というのは、お客様目線というのを忘れないようにするというのが重要ということです。よく稼ぎたいからブログやる!といきまく人が大勢いますが、大多数はすぐに諦めていきます。

 

それは、楽してお金を稼ごうという気持ちで始めたからに他なりません。

ブログ運営はビジネスと同義、顧客にサービスを提供するということです。

 

なので、市場の分析、適切なマーケティング、ターゲット選定、価値をうまく伝えるためのライティングなどが必要になってくるのです。

 

ノリで書いて成功するのは、ほんの一握りの天才だけです。

 

僕のような凡人は、様々な情報を事前に仕入れてブログ運営のスキルを上げることがブログ運営の成功に近づく唯一の方法だと確信しています。

 

それでは。